病気の種類

ヘルニアといっても、椎間板ヘルニアや横隔膜ヘルニアなどその種類は様々です。ヘルニアには、どんな症状があるのかについて見ていきます。また、症状によって原因が異なるため、それも合わせて紹介します。

この記事の続きを読む

セルフチェック

ヘルニアの種類によって、体に現れる症状が異なります。それぞれのヘルニアでは、どんな症状が出てくるのかについて紹介します。思い当たることがあれば、すぐに病院で診てもらうことをオススメします。

この記事の続きを読む

行われる治療

ヘルニアと診断されると、どのような治療が行われるのかと疑問に感じる人もいるはずです。このページでは、ヘルニアを改善するためにどういった治療を病院で行うのかについて紹介していきます。

この記事の続きを読む

病人の介護をしている看護師

リハビリで再発防止

病院でヘルニアの治療を行っても、再発する可能性があります。再発を防止するために最適なのが、リハビリを行うことです。どういったリハビリを行うのかについて紹介します。

この記事の続きを読む

運動で病気対策

ヘルニアにならないためにも、運動をすることは欠かせません。特に、病気予防には腹筋や背筋を鍛えるのが効果的です。また、体力を付けるために散歩をするというのも良い方法です。

この記事の続きを読む

私生活で気をつける

ヘルニアを予防するためには、姿勢を正す必要があります。デスクワークを長時間行うという人は、姿勢が悪くなりやすいため注意が必要です。また、食事でコラーゲンなどを積極的に摂取することも良い方法です。

この記事の続きを読む

病気を知る

「ヘルニア」という病気を耳にしたことのある人も多いでしょう。
これは、どんな病気かというと、体の中の臓器が本来ある位置から突出した状態のことをいいます。
ヘルニアといっても、その種類は様々で、椎間板ヘルニア、横隔膜ヘルニア、脳ヘルニアなどがあります。

ヘルニアは、事故が原因で病気になることが多いです。
お腹や頭を強打したなど、強い衝撃を体に与えることによりヘルニアが起こります。
体の臓器は、あるべき場所が決まっており、それに基づいて筋肉や膜などの組織が付いています。
しかし、体に強い衝撃を与えてしまうと、膜などに影響が出て、臓器を本来の位置に保つことが難しくなります。
臓器を支える筋肉や膜などの機能が弱くなると、ヘルニアが起こりやすくなります。

ヘルニアの原因は事故だけでなく、生活の仕方によって病気になりやすくなる可能性のある病気です。
日頃運動をあまりしないという人は、筋肉が弱くなる可能性があるため、ヘルニアになる確率が高まります。
また、筋肉の弱まる高齢者もヘルニアになりやすいため注意が必要です。
「ヘルニアは大人の病気」とイメージする人もいますが、実は幼い子供もヘルニアになる可能性があるのです。
幼い子供は、筋肉や膜が十分に発達しておらず、臓器を支えることが十分にできません。
そういったこともあり、赤ちゃんの体の臓器が突出してしまうというケースも意外と多いのです。
幼い子供はがなりやすいのは、鼠径ヘルニアといわれています。